フェムテック 性のお勉強

腟への挿入にローションを使ってはダメ。

2021年6月3日

こんにちはFuuuuumix(ふみ)です!

 

パートナーとの性行為でローションを使用している方はいらっしゃいますか?マッサージをし合う為や、コミュニケーションのためであれば良し…

 

腟への挿入の潤滑剤として使用している場合、今すぐに使用をやめましょう。

 

ローションはボディー用であり、腟への挿入用に開発されておりません。

 

※文章が読みやすいように途中で商品紹介などはしませんが、記事の最後に記事に関連するアイテムをご紹介いたしますのでご興味のある方は記事の末尾をご覧ください。

 

ローションはボディー用

 

ローションはボディー用です。

つまり、皮膚に使用することは想定されていますが、粘膜に使用することを想定して開発されていない商品です。

 

○ 男性のペニスへの使用

× 女性の腟への使用

中には「ローション」という名前で販売されていても、挿入にも使用できるものもあります。そういうものには大体の場合、挿入に使用ができるという説明が書かれてることが多いです。

 

特筆されていないものや、自分の成分に対する判断に自信がなかったりする場合は「潤滑ゼリー」「潤滑ジェル」と書かれているものを選ぶようにしましょう。

 

ローションはなぜ使用してはダメなの?

 

多くのローションに使われている成分、「ポリアクリル酸Na(ナトリウム)」は吸水性のある成分です。

この成分は水分を吸収することにより粘度を高めるという性質があります。

 

ポリアクリル酸Naが使用されている製品

  • オムツ
  • 生理ナプキン
  • 除湿剤
  • 芳香剤
  • 保冷剤

など

 

水分を吸収する成分として使用されています。つまり、腟内へ侵入することにより、腟内の水分を吸収してしまい腟内環境が乱れてしまいます。

 

その結果、雑菌が繁殖しやすい環境になり、痒みや炎症の原因・カンジダ腟炎の原因になることもあります。

 

挿入への潤いを求める場合は「潤滑ゼリー(ルブリカント)」

 

日本では挿入に際して使用する潤滑剤を製品とする多くの場合、「潤滑ゼリー」「潤滑ジェル」としています。

 

ルブリカント

ルブリカント=潤滑ゼリー(ジェル)

 

最近では日本でも「ルブリカント」という呼び名も定着しつつある??と思いつつも、まだまだ「潤滑ゼリー(ジェル)」の方が伝わりやすいですよね。

 

今この記事を読んでくださっている方々は呼び名の一つとして「ルブリカント」という名前も覚えておいてください。

 

今後「ルブリカント」と書かれた商品を見たときに「ローション」「潤滑ゼリー(ジェル)」と並び第3のヌメヌメ「ルブリカント!?これは挿入に使用していいのか!?」と迷わなくても良いと思います。

アストログライドの製品は「少量で長持ち」が特徴。数滴で滑りの良さが持続します。コスパの良さはピカイチです。
ほんのり香るゆずとイランイランでリラックス。美容成分配合で潤い保湿。女性の経皮吸収率は「前腕」を1とした場合、女性の性器は50。美容成分は嬉しいかもしれません。

 

 

オススメ記事

-フェムテック, 性のお勉強
-, , , , ,

© 2021 一筋縄ではイキません!! by @fuuuuumix Powered by AFFINGER5